Follow me!

カテゴリー

電話番号変更に伴う電話不通期間のお知らせ(3/22~3/24)

本年4月1日よりの弊社電話番号の変更に伴い、現在使用中の0800-800-1401と050-3736-1401の音声電話につきましては3月22日(金)18時より3月25日(月)09時まで不通となります。たいへん恐れ入りますが、ご連絡にはFAXまたはメールをご利用くださいますようお願い申し上げます。
なお、変更後の番号につきましてはホームページ上にてご案内申し上げます。

2019年2月 1日 (金)

フュージングガラスの細片カットに便利な道具

Glassnapper

仕事柄、薄板のダイクロなどをこまかい四角形にたくさん作る場合があります。いままでいろいろなランニングプライヤーを使ってみましたが、大きすぎたりしてどうもしっくりきませんでした。

ふと思い立って30年以上前から発売されていたグラスターの「グラススナッパー」を試してみたところ、かなり具合よくいきましたので、WEBショップで扱い開始いたしました。
BuTの薄板へ格子目にスコアを入れて、パチパチパチとリズミカルに挟んでいくだけで5ミリくらいの細片はあっというまにたくさんできあがります。

» 続きを読む

2018年12月 5日 (水)

本日のフュージング教室から

Img_1019

本日の教室、生徒さんの丸ノコお手伝い中。アメリカの安いDIY用のタイルソーがけっこう使えます。
この生徒さんはまだ3作目ですが、グラストレックではこのように少し変わったフュージング作品も講座の中で制作しています。

2018年8月22日 (水)

「JOOLTOOL™」研磨機デモ先行受注会開催します!9月中旬

Img_0633

JOOLTOOL™は、まったく新しいコンセプトのマルチポリッシャーです!研磨面が透けて見えます!

商品の詳細はこちら(WEBショップ)

Glasspolish

デモ先行受注会で実際に研磨体験して、磨いたものをペンダントヘッドにしてお持ち帰りいただけます

とにかく場所を取らず、手軽で簡単に輝きのあるクォリティの高い作品に仕上げることが可能です。

「JOOLTOOL™(ジョールトゥール)」はガラス、七宝、シルバークレイ、彫金、ポリマークレイ、レジン、など研磨工程が必要なあらゆるクラフトのために作られた、ホビーユースに最適なマシンです。

手裏剣型の特徴あるディスクは研磨するものを透かしてみるための仕掛けで、まさに削れてゆく様を見ながら作業することが可能です。クッション性を持ち、ラフな表面にもよく対応します。


なにしろ今までとは若干違ったスタイルの研磨機なので、当方で用意した元材を磨いていただくことで、その機能を体感していただければと思います。

ガラス工芸以外でも、七宝やシルバークレイ、レジンなども研磨材を替えれば対応できる機材ですので、そちらの分野で制作なさっている方もぜひご参加ください(デモはガラス素材でのものになります)

お申し込みは下記いずれかの日時をお選びいただいて、お電話又はメールやFAXでお知らせください。

デモ現地先行受注現金特価で¥20,000(約15%)オフ&デモイベント参加費ご返金です!

Img_0637

日時(1):9月16日(日) 14時半時より17時頃まで

日時(2):9月17日(月祝) 11時より13時半頃まで

日時(3):9月17日(月祝) 14時半時より17時頃まで

日時(4):9月19日(水) 14時半時より17時頃まで

場所:グラストレック田端教室

定員:各コマ3名(先着順)

費用:¥4,320(ペンダントチェーン・金具・ガラス代・税込み。写真は研磨サンプルですが当日は金具貼り付けの素材となります)

申し込み:メール・FAX0120-18-1405・お電話0800-800-1401・FBページからメッセージにてお申し込みください。折り返しご案内を差し上げます

2018年8月 6日 (月)

2018年8月商品価格改定のお知らせ

メーカーより通知のありました、下記の商品につきましてはカタログ通販、WEBショップとも8/1より価格を改定させていただきます。

現在ダウンロード用のリストを作成中ですので、当面の間は下記商品の新価格につきましてはWEBショップをご参照いただくか、ご注文時にお尋ねください。

●タイトリ社製品全般(フュージングのり、パティーナフラックス等薬品類、など)

●グラスター社製品全般(ルーターG14.G12.G8、平盤など研磨機材、など)

●鉛線製品全般(FH、RH、FU、RU、カッティングオイル、菊水ブランドパティーナフラックス等薬品類、など)

●ケラカラーエナメル

●ブラスト用研磨砂(モランダムA、モランダムWA)

※スペクトラム、ウロボロスはメーカーの体制変更により価格ランクが変わっているものがあります

2018年6月19日 (火)

阿波谷幸恵・ガラス ジュエリー展

当店バーナーワーク教室講師、阿波谷幸恵さんの個展です。

1

2018年6月19日(火)~23日(土)

gallery絵舞遊

東京都町田市小川2-3-5

http://www.galleryemaiyu.com

JR横浜線成瀬駅南口徒歩8分

2018年5月27日 (日)

ブルズアイBuF0313復活しました

000313

しばらく前に廃番になっていたBuF0313「デンスホワイト」が定番ラインに復活したとニュースを受け取りました。

このガラスは使用時の制限のために一旦定番から外していて、特注対応のみとして作っていたようですが、ニーズが増えてきて復活させることにしたようです。

これで、ブルズアイの白系のラインはかなり充実してきました。BuTと組み合わせるとかなりのバリエーションです。透明度の高い順に、0403>0243≧0143>0113(0009)>0313>0013、となります。

当店入荷予定は6月下旬~7月上旬、価格はBランク予定です。使用時はワーキングノートを確認の上で使ってください。


メーカーのワーキングノート(訳):

このガラスは加熱時間の長いキルンワークに使用した場合は安定しないことがあります。(パターンバー、ポットメルト、ボイルドエフェクト、キャスティング等)

815℃以上を15分以上キープする焼成や677℃から815℃の間をゆっくり加熱する焼成の場合に影響があります。

焼成による色のシフトはありませんが、このガラスは鉛を含むため硫黄やカドミウムを含むガラスとは輪郭など変色反応することがあります。

このガラスのパウダーは、サンドウィッチして使用すると割れることがあるので表面のみに使用することをお勧めします。

(原文の「unstable」は「安定しない」と訳していますが、経験的に言っておそらく最終的に割れてしまうのだと思います。)

«ブルズアイBuF新色2点!

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック