商品情報

新商品や商品レビューなど。カタログ未掲載品情報も

2020年8月26日 (水)

ブルズアイのリアクティブストリーキーのテスト

新入荷のブルズアイ2971「ペトリファイド・ウッド(ストリーキー)」を試験焼成します。
(下写真は焼成前のシート)

ネットショップはこちら
https://www.glasstrek.jp/eshopdo/refer/vidGTBUF2971.html
0029710030falt1

この2971は、フュージングする相手のガラスによって色調を変える面白みのあるガラスです。1019レッドリアクティブ・クリアをベースに、鉛や銀などの成分を加えて作られています。

ペトリファイド・ウッドは珪化木と言って、条件が重なってできた木の化石のことですが、染みこんだ成分によってランダムにガラスと同様の発色をします。ネーミングがうまいと思いました。

ベースになっている1019は銅や銀で発色されたガラスや銅箔、銀澄とフュージングすると窯変するリアクティブガラスのひとつです。2971は縞模様の部分で自己窯変もしますので、流れの場所による意外な発色が楽しみでもあります。

ブルズアイ社の作例では、0161ロビンズエッグブルーをベースにしてテストピースを作っていましたので、おそらくこの組み合わせが一番「映える」のだろうと推測しますが、今回、当教室では透明系と不透明系との反応を見るため、下のような組み合わせを作って焼いてみます。

Img_2797

●上の二枚が2971です。ストリーキーですので場所によって濃淡があります。

●左下は、外側が0116不透明ターコイズ、内側が1408透明ライトアクアブルー、真ん中が1101クリア

●右下は、外側が0104不透明アイスブルー、内側が1416透明ライトターコイズ、真ん中が1101クリア

焼成が完了したら、続編アップいたします!

2020年6月10日 (水)

アメリカ便3ヶ月ぶりに入荷しました【ウランガラスとクリスタルパウダー入荷!】

Img_2700 Dsc_0002

コロナ禍でクローズされていたアメリカの各メーカーですが、5月に入り次々と再稼働し、注文していた分が入荷してきました。

今回のオススメアイテムはこの2つ、

1)GAF338C キャスティングカレット ウラニウムグリーン(左)

このシリーズではこれだけ鉛ガラスではないため単独使用必須になりますが、参考写真の通り、UVライトで蛍光グリーンを発色します。

2)GAF210P キャスティングクリスタルパウダー クリア(右)

キャスティングカレットのクリアをギャファー社でパートドベール向けにパウダー化したものです。初めて入荷してきたので、どのくらいの薄物に流れるかはまだ試していません。が、鉛40%のレッドクリスタルなので低温でも相当粘性が低いと思います。

2点ともお求めはこちらからどうぞ

2020年2月 3日 (月)

ダイクロのサンプル焼き上がりました/クリアダイクロの裏表

先月初めに用意していたダイクロのサンプルはとっくに焼き上がっていたのですがアップし忘れました💦

ついでにクリアダイクロの裏表の話も。

Img_2396

上が焼成前、下が焼成後です。ハンドリューターで色名を刻印しておきます。シールだと剥がれてしまってわからなくなりますので。

黒のガラスにおいて焼いたサンプルのうち、右上の”GR/MG"と”BC”は他と違った感じに焼けてるのがおわかりでしょうか。

ダイクロは、酸化金属などの皮膜をガラス表面にコーティングしているので、クリアベースのダイクロには、裏表ができてしまいます。

焼くときに、コーティング面を上にしたものと下にしたものでは、ガラスの厚み分、焼上りの見え方に差が出てくると言うわけです。

先に示した”GR/MG"と”BC”は、手違いでコーティング面を下にして焼いてしまったので他と違って見えています。

 

 

Img_2346

クリアダイクロのコーティング面の判断には反射を使います。

よく使われるのは、ボールペンのペン先をガラス面にタッチさせてみて、ペン先がくっついて見える像ならばコーティング面、離れて見えるならコーティングされてない面というものです。

この写真では、ガラスに貼ったシールの影が浮いて映っているのがわかります。つまりシールが貼ってある方がコーティングされてない面ということです。

アクセサリーなどダイクロを組み合わせて作るとき、裏表を慎重に置いていかないと、焼き上がったときに思わぬ結果になりますので、どうぞご注意ください!

このダイクロのサンプルパックはWEBショップで販売中です。定番のクリアベースやパターンダイクロの他、特注でブラックベースや膨張96のものなど用意可能です。是非お問い合わせください!

https://www.glasstrek.jp/eshopdo/refer/cid1s16m0.html

2020年1月 7日 (火)

ダイクロのサンプルボード作り

Img_2352

本年も皆様どうぞよろしくお願い致します。

グラストレックは5日が仕事(教室)始めでしたが、生徒さんも少なかったため、ダイクロのサンプルボード作りをしていました。22色のHueを眺めているとバリエーションの多様さにあらためて感心します。

グラストレックではこれらのダイクロ(ブルズアイベース。10色のスタンダードカラー、5色のプレミアムカラー、7色のスペシャルカラー)をすべて取り扱って今年も作品作りのお手伝いを致します。

●スタンダードとプレミアムの違いなどはまた別記事でお知らせしていきます

2019年7月25日 (木)

出物の電気炉が2件!増税前にぜひご検討ください。早い者勝ちです!

通常、電気炉はご注文をいただいてから海外発注の場合も多く、今からのご注文の場合は消費税が上がる10月以降の納品になる可能性が高いです。今回、増税前にお納めできる在庫処分品の出物の100V窯が2件ありますので、ご紹介いたします!

いずれのキルンもWEBショップには掲載がございませんので、お求めに際しては直接グラストレックまでメール、SNSメッセージ、FAX、お電話でお知らせください。(お電話は13時から19時の受付です)


米スカット社製、ファイアボックス8x6LT

Firebox8x6lt

通常価格¥214,812(税込)を

¥160,000(税込)ジャストで!(※下注)

100V15A 日本仕様品(コントロールボックス色は緑になります)

内容寸法 200/200/165(20cm角の深さ16.5cm)

棚板、キルンポスト、解説書付き

コントローラー:グラスマスターLT、5プログラム各8セグメント

SSR仕様でリレーの故障が激減、この価格で過焼成を防ぐセーフティリレーも回路に入っています。

ビギナーにも十分な容積と深さで、フュージングだけでなくサギングやキャスティングにも機能を発揮し、マルチなキルンワークを可能にします。もちろんバックアップ用のセカンドキルンにも最適なサイズと機能です。

●パラゴンのカルデラと同じ容量で高機能なこのキルン、今回カルデラよりも35%も安くお求めいただけます。

※このキルンは展示デモなどで通電済みです。ご了承の上お求めください。

※現金価格です。送料は別途となります


米スカット社製、ファイアボックス14+アップトランスセット

Firebox14420Pt30t

通常価格¥273,456(税込)を

¥170,000(税込)ジャストで!(※下注)

115V15A 米国仕様品(アップトランスで100Vを115Vに変換します。そのためコンセントとブレーカーは100V20A仕様のものが必要です。ご家庭のブレーカーはすでに20Aのものが多いので、通常はコンセントの形状変更の簡単な工事のみで済みます)

内容寸法 350/350/165(35cm角で深さ16.5cm)

棚板、キルンポスト、解説書付き

コントローラー:グラスマスターLT、5プログラム各8セグメント

SSR仕様でリレーの故障が激減、この価格で過焼成を防ぐセーフティリレーも回路に入っています。

余裕の広さで、フュージングとスランピングに最適なサイズと機能です。

●国内仕様の15Aの窯の場合は30cm角がほぼ限界ですが、この窯は35cm角の広さを100Vで実現しました。

※このキルンは展示デモなどで通電済みです。ご了承の上お求めください。

※現金価格です。送料は別途となります


いずれのキルンもご予約いただければ実機を田端教室でご覧いただくことが可能です。(倉庫回送のため日数が必要です)

 

2019年2月 1日 (金)

フュージングガラスの細片カットに便利な道具

Glassnapper

仕事柄、薄板のダイクロなどをこまかい四角形にたくさん作る場合があります。いままでいろいろなランニングプライヤーを使ってみましたが、大きすぎたりしてどうもしっくりきませんでした。

ふと思い立って30年以上前から発売されていたグラスターの「グラススナッパー」を試してみたところ、かなり具合よくいきましたので、WEBショップで扱い開始いたしました。
BuTの薄板へ格子目にスコアを入れて、パチパチパチとリズミカルに挟んでいくだけで5ミリくらいの細片はあっというまにたくさんできあがります。

続きを読む "フュージングガラスの細片カットに便利な道具" »

2018年8月22日 (水)

「JOOLTOOL™」研磨機デモ先行受注会開催します!9月中旬

Img_0633

JOOLTOOL™は、まったく新しいコンセプトのマルチポリッシャーです!研磨面が透けて見えます!

商品の詳細はこちら(WEBショップ)

Glasspolish

デモ先行受注会で実際に研磨体験して、磨いたものをペンダントヘッドにしてお持ち帰りいただけます

とにかく場所を取らず、手軽で簡単に輝きのあるクォリティの高い作品に仕上げることが可能です。

「JOOLTOOL™(ジョールトゥール)」はガラス、七宝、シルバークレイ、彫金、ポリマークレイ、レジン、など研磨工程が必要なあらゆるクラフトのために作られた、ホビーユースに最適なマシンです。

手裏剣型の特徴あるディスクは研磨するものを透かしてみるための仕掛けで、まさに削れてゆく様を見ながら作業することが可能です。クッション性を持ち、ラフな表面にもよく対応します。


なにしろ今までとは若干違ったスタイルの研磨機なので、当方で用意した元材を磨いていただくことで、その機能を体感していただければと思います。

ガラス工芸以外でも、七宝やシルバークレイ、レジンなども研磨材を替えれば対応できる機材ですので、そちらの分野で制作なさっている方もぜひご参加ください(デモはガラス素材でのものになります)

お申し込みは下記いずれかの日時をお選びいただいて、お電話又はメールやFAXでお知らせください。

デモ現地先行受注現金特価で¥20,000(約15%)オフ&デモイベント参加費ご返金です!

Img_0637

日時(1):9月16日(日) 14時半時より17時頃まで

日時(2):9月17日(月祝) 11時より13時半頃まで

日時(3):9月17日(月祝) 14時半時より17時頃まで

日時(4):9月19日(水) 14時半時より17時頃まで

場所:グラストレック田端教室

定員:各コマ3名(先着順)

費用:¥4,320(ペンダントチェーン・金具・ガラス代・税込み。写真は研磨サンプルですが当日は金具貼り付けの素材となります)

申し込み:メール・FAX0120-18-1405・お電話0800-800-1401・FBページからメッセージにてお申し込みください。折り返しご案内を差し上げます

2018年5月27日 (日)

ブルズアイBuF0313復活しました

000313

しばらく前に廃番になっていたBuF0313「デンスホワイト」が定番ラインに復活したとニュースを受け取りました。

このガラスは使用時の制限のために一旦定番から外していて、特注対応のみとして作っていたようですが、ニーズが増えてきて復活させることにしたようです。

これで、ブルズアイの白系のラインはかなり充実してきました。BuTと組み合わせるとかなりのバリエーションです。透明度の高い順に、0403>0243≧0143>0113(0009)>0313>0013、となります。

当店入荷予定は6月下旬~7月上旬、価格はBランク予定です。使用時はワーキングノートを確認の上で使ってください。


メーカーのワーキングノート(訳):

このガラスは加熱時間の長いキルンワークに使用した場合は安定しないことがあります。(パターンバー、ポットメルト、ボイルドエフェクト、キャスティング等)

815℃以上を15分以上キープする焼成や677℃から815℃の間をゆっくり加熱する焼成の場合に影響があります。

焼成による色のシフトはありませんが、このガラスは鉛を含むため硫黄やカドミウムを含むガラスとは輪郭など変色反応することがあります。

このガラスのパウダーは、サンドウィッチして使用すると割れることがあるので表面のみに使用することをお勧めします。

(原文の「unstable」は「安定しない」と訳していますが、経験的に言っておそらく最終的に割れてしまうのだと思います。)

2018年4月14日 (土)

ブルズアイBuF新色2点!

Img_0258_2

グレイシャーブルー0104、ロビンスエッグブルー0161、標準厚BuF2種入荷いたしました。

数量に限りありますのでお早めにどうぞ!
お求めはWEBショップにて。http://www.glasstrek.jp/

2016年11月25日 (金)

ウロボロス入荷予定のお知らせ(従来品最終便)

当店FBページでもお知らせしておりますが、ウロボロス社は事業整理を開始しており、売却先が見つからなければ2017年半ばには廃業の予定となっております。

板ガラスはすでに最終生産体制に入っており、従来品は下記リストの品番をもって当店への入荷は最終となります。
WEBショップへの数量反映などは行っておりませんので、ご注文に際しましては、直接FAXやメールなので当店までお知らせくださいませ。
なおPDFのリストのご用意もございますので、ご入り用の方はメールにてお知らせいただければ添付してご返信申し上げます。(携帯メールの場合は受信できない場合もございます)

Urwn12

より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック